お問合せはtentoumushi344@gmail.comまで

2019年07月10日 00:02

アレルギーっ子が宿泊する時の食事って、どう対応してるの?


夏は、泊まりがけでお出かけすることも増えるよね。
アレルギー児の家族が心配しているのは、外食時の対応。

小学校に入ると、2泊3日の自然学校にも出かけるし、修学旅行もある。

まだ数年先の話だけど、そういう学校行事の時の食事は、どう対応しているのか気になって、、との相談を受け、

森のようちえんてんとうむしを応援してくださっている方が、少年自然の家の厨房にて働いているので、アレルギー児が宿泊する際の食事対応について、
質問してみました。


アレルギーのお子様がいる方には
とても貴重な情報だと思うので、
情報提供してくださったJさんのの許可を得て
ブログに転載します。


以下転載

。。。。。。
食事の準備は以下のような形です。
現場の先生は多分、この運用を知ってると思います。

食堂メニューは、
A B Cの3パターン×朝 昼 夜
バイキング形式

月間スケジュールは先々まで決まっていて、原材料の表もあり、インターネットで見られます。

http://www.asahikougen.co.jp/shizennoie/schedule/

インターネットでメニューを見て、ハンバーグがあれば、ご自宅から手作り冷凍ハンバーグを持ってくる子もいるし、メニューと全然違うおかずを持ってくる子もいます。

。。。。。。。。。。。。
具体的なケース

①ご自宅で用意した代替食を持参する。
※重度アレルギーの子のケース
(要冷蔵食品、冷凍食品などを保冷バッグに入れて持ち込まれ、僕らがいる厨房で預かり、食事直前にレンジで解凍して差し上げて渡す。これらのやりとりは先生経由)
先生が泊まる部屋に小さな冷蔵庫はあるので、要冷蔵は(数がすぐなければ)そこに置かれて、毎食事前に持ってらっしゃるパターンも。


②何品かのみ上記のパターンで持参する
卵だけ受けつけない、乳製品だけNGというような子。

③代替食を持参せず、ダメなモノをあらかじめ調べてそれをお皿に取らないようにする

屋内での食事はバイキングスタイル風なので、心配が多い場合は他の子たちより少し早く現れて、先に皿に盛る。
あまり心配ない子はみんなと同じく列に並び、食べられないものをとらないようにする。

*厨房での加熱対応は、レンジの他に湯煎ができます。レトルトパックみたいなのを温められます。

野外炊飯の場合は大抵カレー、たまにピザや五平餅をするところもありますが、野外炊飯会場にはレンジとか無いので、事前に厨房に代替食を持参し、加熱を依頼にいらっしゃいます。


ただし、広い厨房ではないし、調理道具や鍋などはしっかり洗いはしますが、使い回して使わざるを得ないのでかなり重度の場合、お持ち込みがおススメではあります。

*原材料表は印刷したものが食堂の入り口にかけてあります。

*代替食を入れた袋、容器などにお子さまのお名前とともに、◯月◯日 朝分などとあらかじめ書いて下さっていると、先生との事前打ち合わせがよりスムーズになります。ジップロックみたいな袋にサインペンで書く方や付箋を貼りつける方などいらっしゃいます。  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2019年03月31日 00:01

カードゲーム 一番人気は、やっぱり。。



先週のお泊まり会で、一番盛り上がっていたのは

やっぱりこれ!

「なんじゃもんじゃ」
http://nanjamonja.jp/


文字がまだ読めない子も一緒に楽しめる。

そして、大人が負ける!

そういえば
去年のお泊まり会も、
なんじゃもんじゃで大盛り上がりしたね。

名前は日本語じゃなくてもいいから、
言葉が違っていても、遊べる!
  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2019年03月25日 07:41

「お泊まり会」 手仕事しながらおしゃべり



先週末はお泊まり会 。

園児親子全員と、保育スタッフも一緒に
大所帯でお泊まり会することにも、
お母さんも子どもたちみんなが慣れてきたね。

食事調理
洗い物
お風呂
掃除
布団シーツかけ
絵本 、、、

特に 係の分担 をしなくても
できる人が、できるときにやっていけば
なんとなくうまくいく


そして、
メインの時間はいつものように夜会。

子どもたちが寝静まったあと、
母たちみんな、
そーっと布団を抜け出して大部屋に集まり
ワイワイおしゃべりしながら、入園式の準備。

進級記念のプレゼント作りながら、
新入会する親子組さんたちに
絵の具で名札を描いてくれました。

名札を見ると
また始まるなぁ!って嬉しくなる。

どんな仲間と出会えるかな?

楽しいことも、心配なことも、
みんなで一緒に受け止めて、

「子どもがまんなか」
の子育てタイムを楽しもうね。











  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2019年01月07日 18:24

みんなで食べる みんなで寝る



年二回の恒例家族会。

てんとうむし家族みんなで、
「簡易宿泊施設SPACE光の帯」に寝泊まりして
過ごします。

誰かが20組の布団を敷き、
誰かが子どもたちの遊びを見守ってくれていて、


別の誰かが、お風呂へ連れて行ってくれる。


こどもから手が空いた人が
「料理作るねー!」厨房に入り、

寝てた子が起きると、誰かが抱っこしててくれる。

ふと見ると、お父さんたちも厨房に入って、
お料理や洗い物。


リビングでは、
名前も知らない地域の方が
いつの間にか子どもたちと遊んでくれていたり(笑)

夜中に起きちゃっても
抱っこしてくれるパパがいっぱいいる安心感。


子どもたちの動きは
時間通りにならないのがあたりまえ。

時間や役割をきっちり区切ると焦るから、
母たちも、居心地いい形を求め続けてきたら、
こうなっていた。



係は決めないのが てんとうむし流。

「お願いしていい?」
「ありがとう〜」
が、あちこちで飛び交っているのは、
いつものこと。

子育ては、みんな初めてだし、

たとえ親子でも、一人一人違う人格だから
そもそも子どもの動きは予測できないのが普通。

私がやらなくちゃって思わなくても
誰かがやれることなら、助けあうのがいい。

やってみると案外うまくいくことって、
まだまだ いっぱいある。




家族お泊まり会は、
夜中の様子や、パパとの様子など、
活動中には見ることのできない部分も
共有できるのがいいね。

1歳から13歳まで.年齢幅も広い子どもたちの
兄弟みたいな交わりに、母たちが癒されるね。。

そして、子どもたちが寝た後に、アルコール飲みながら 家主Sさんも一緒に大人たちの楽しいトークが延々と続くのは、いつものこと。


子どもたちも、おとなたちも、こんなにのびのび過ごせるのは、私たちを暖かく見守ってくださるSさんと出会えたからこそ。

Yさん、Mさん、ご縁をいただき
ありがとうございます。

また夏に来るねー!

  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2019年01月06日 15:30

雪の輝きを眺めながら 読書する

二泊三日の冬キャンプ。

雪見酒ならぬ 雪見本。



古民家の前で雪遊びしてる子どもたちの声を聴きながら、気になっていた本を読む時間。

↓年末に読んだ
糸井さんと、ヨシタケシンスケさんの対談。

あの絵はこうしてできていたのね。
っていうストーリーを知るとさらに面白い!

https://www.1101.com/yoshitake2/









  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2019年01月03日 00:01

お豆腐作り 第3弾


第1弾は、年長活動日に。

第2弾は、年中組さん。

そして、第3弾は、冬休みに家族で!



てんとうむしOBの子たちも、それぞれ一丁ずつ、
作ったよ。
一年生になると、1人で全行程を作れちゃう子も!



みんなて同じように作っても
力加減や時間が微妙に違うから、

全然違う味のお豆腐が出来上がって面白かったね!

お豆腐屋さんのラッパも吹かせてもらったよ。
大人が吹いても結構、難しい!

Kさん、丁寧に教えてくださって
ありがとうございましたー!  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2018年12月24日 00:06

お別れ会 いちごサンタ ケーキ



秋から数ヶ月、一時帰国して入園してくれていた年長Zくんと、
オーストラリアに帰国前の

「またねパーティ!」

日本へお迎えに来たZくんパパ、
JOHNも一緒に公民館に集まって、

みんなで、お料理食べて遊んで、絵本を読んで、
踊って、走り回ってあっという間に数時間。

パーティのメニューは、
欧米人にも大人気の
手巻き寿司と、天ぷら!

みんなで作って食べればなんでも美味しいね。

食後のデザートは、
園児母Kちゃんが焼いてくれたいちごサンタケーキが登場〜♪

サンタの頭にオーストラリアの旗を立ててあるー!


Zくんは、
1月から一年生になるんだって!

オーストラリアは、日本より3か月早いんだね。

母のAちゃん、ZくんRくん、
また会えるのを楽しみにしてるよ。  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2018年11月08日 00:01

秋の運動会〜こどもの企画力って、スゴイ!〜


『運動会は嫌だ!やりたくない!
「おたのしみ会」がいい!』

という年長Aくんの意見により、改名。
「年長企画 てんとうむし 秋のおたのしみ会」


年長さんの発案を、年長母がサポートする形で
開催されました。

まず年長会議で、目的 を 話し合う。

おたのしみかいってどんなことする?
「みんなにわかる」
「みんなでできる」
「たのしいこと」


松ぼっくり玉入れ、逃げるお父さんと、入れてくれるお父さん!いろんなカゴあり。



竹馬を使った高跳び、水はこび競争、穴入れ紙ヒコーキ、などなど、面白い種目が
7つも用意されていたことにも感動!

最後は、女子たちのチアダンス。
バレリーナの服や、ドレスに着替えて、
衣装バッチリ!

ビニルテープで、ポンポンを作って、、
歌に合わせてピョンピョン元気いっぱい踊ります!

終わると舞台袖で休憩が入り、また登場!
踊って舞台袖にさがって休憩して、また登場!

アンコールが五回六回と続き、
大人も子どもたちも大笑い。

リハなし本番一発で、
こんなに楽しいステージがあっていいのだろうか⁈

踊っているうちに、夕陽が差し込む時間になり、
スポットライトに照らされたような照明付きのステージに!

疲れ知らずな子どもたちの
ハジける笑顔は、最高の笑顔!

チアステージの間、年長男子は舞台のあちこちで
終始ご機嫌に動き回っている。

Aくんは監督。
Tくんは舞台の下から、総監督、らしい。

客席から、アンコールの指示を出して、
追っかけファンみたいになってたね!



「ヤミおにぎり選手権」は、子どもが具を入れて握るおにぎりを食べる競技。

はい!
と渡してくれたオニギリを、
恐る恐る食べると、ブドウと塩昆布と
おにぎりせんべい入り!

おにぎりせんべいの入ったおにぎり⁉︎

食べてみると、、
意外と美味しゅうございました。

年長さん、お母さんたち、
楽しい企画をありがとう!

バスと電車を乗り継いで岡崎まで下見に来たり、
年長会議を重ねたり、
ここまでの準備を楽しんでくれてありがとうー!

今まで経験した中で1番楽しかったよ!
最高の運動会でした!  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2018年09月29日 00:02

おだんご、豚汁、お月見会 



中秋の名月

今年は、きれいな月がみられそうだったので、

近くの交流館に集まって、お団子をコロコロ作って、豚汁を作って、みんなで夕ご飯を食べたよ。

今日は日が暮れても一緒に遊べて、大喜びの子どもたち。



このあたりには、『おつきみどろぼう』 という伝統行事をしている地区もあります。

今年も実現できなかったけれど、いつか計画したいなぁ。

https://jpnculture.net/otsukimi-dorobou/

  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2018年08月29日 00:02

ハチミツを採って、お味見!

てんとうむし家族会。
念願の養蜂研究所へ行ってきました。

なにしろ、一年のうち数回しか開館していない研究所。

昨年、下見にいこうとして、たどり着けずに断念した場所。
今回は、なんとかたどり着いたけれど、道も狭くて山道くねくね。
かなりの山の中!

でも行ってよかったー。

スタッフさんがとても丁寧に、一つ一つわかりやすく説明してくださって、蜂への愛を感じました。

。。。。。。。。。。。。。
受付を済ませると、まずはナイフで削って、ポタポタ垂れるはちみつを味見。


そして、最新の撹拌機を見せてもらって、自分たちで回すと、、


出てくる出てくる、、あっという間に、こんなに!
そして試食したら甘いことって。

(美味しく食べるための努力を惜しまないSパパは、ちゃんと道中パン屋さんに立ち寄って、バケットを買ってきていた!)




今度は外へ出て、ハチの巣を観察しながら、雄蜂と、雌蜂の区別のしかた、ハチの巣の形は働き蜂が作っていること、今の女王バチが何らかの理由で死んでしまうと、新しく生まれた蜂の中から一匹だけに、ローヤルゼリーを食べさせて女王バチにすること、など「蜂のヒミツ」をたくさん教えていただきました。



「働きバチはすべてメス。 オスは子孫を残すため巣にいるだけで、一切働きません」

オスを生むか、メスを生むかは、
女王蜂が卵を産むときに、巣の形をみて産み分けるんだって。

へー!って思うことがいっぱい!


オスは刺さないから。と、子どもたちの手の上に乗せてくださって、
本当に、大満足な見学でした。

館内に戻ると、貴重な世界の蜂グッズを見て回りました。
世界に一つしかないようなお宝がいっぱい!

みんないっぱい試食させていただいて、それぞれにお好みの味のハチミツを買って帰りました。

また来年も来たいな!!  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)