お問合せはtentoumushi344@gmail.comまで

2017年01月12日 18:51

感動! パパたちの手料理! ~雪あそびキャンプ続編~

~雪遊びお泊まり会 つづき~
雪遊びしている間に、お宿で留守番のお父さんたちが、大きな五平餅を焼いてくれていました!
U字溝で火をおこして、廃材と薪で焼く。さぞ、火加減難しかったでしょう、、。
「感謝の五平餅」と名づけたいくらい。〈写真撮り忘れて残念〉

お宿の近所の親子も遊びにきてくれて、ドタバタ楽しく大騒ぎ。
そして、一息ついたら、どどどっとみんなで温泉へGO! 園児たちは、ほぼ全員が男風呂へ行ったけれど、
お風呂の中はどうなっていたんだろう?ふふふ。。

そして!
その間に、Mちゃんパパさんが、全員分のお料理を作ってくれました!
芸術作品のように美しい!色とりどりの野菜が、次々と美味しそうな輝きを放って、揚がってきます。


前日までに、何度か自宅で試作を重ねてくださったというお父さん。
何とも研究熱心な素晴らしいパパ!しかも、手慣れた手つき。 すごーい!
おかげで、母たちはコーヒー飲んで、おしゃべりしながら のんびりリラーックス♪

ふと見ると、外は雪がどんどん降り積もってきました。
日帰り組は少々あせりながらも、こんな魅力的な夕食を逃すわけがなく、みんなでいただきますー!

当然、美味しい。
頑張ってくださったパパの気持ちが、じーんと沁みわたって、体も心もあったかホカホカでした。

子供たちが寝た後は、大人のお楽しみ時間。実は、メインともいえる時間。
父や、母の顔から、一人の人間に戻れる、この時間が、一番大切な時間です。
飲んで食べてしゃべって、、、。
楽しくて楽しくて、当然のごとく、深夜まで続きます。
そして当然のごとく翌日は、子供たちが一番早起き。笑

朝ご飯は、こどもたちもお手伝い。
たまご、いくつ割っただろう。たくさん作るって楽しいんだよね!


食べたら早速、外で雪遊び!
昨晩いっぱい降ったから、ソリも、スキーも、雪だるまも、雪合戦も、玄関先で、楽しめちゃう!!


素敵なお宿に、魅力的なオーナーSさん、そして大好きな仲間たちとの時間はあっという間。
とっても楽しくて、一泊じゃ帰りたくなかったー!

帰宅後も楽しい気持ちの余韻が残っていたようで、、、粘土で雪だるまをつくっていました。


次回は3月に、2泊で雪遊びの予定♪
今回体調不良で行けなかったメンバーも、次回は一緒に行けるといいな♪

郡上の皆さん、本当にありがとうございました。
  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年01月10日 12:30

古民家も、お庭も、雪化粧。

てんとうむし 恒例の お泊まり家族会。

飛騨へ雪遊びに行ってきました。
今年は雪が少なくてほとんどないけど、、と言われていたけれど、てんとうむしは、強運の持ち主揃い。
夕方からパラパラと雪が降ってきて、夜には積もり、翌日はソリ遊び!!

素敵なお庭は、水墨画の世界。



古民家をていねいに修繕しながら住んでいらっしゃるお部屋の中は、すてきな調度品がたくさん。
屋根裏部屋は、当然のごとく、こどもたちの基地になって大盛り上がり。


大人たちは、リビングでゆっくり飲みながら談笑。
共にすごし、共に食べて、じんわりとお互いを知っていくには最高の環境です。


こちらの場所は、一般住居でもあり、6年前から、毎年夏に福島のこどもたちを受け入れている場所なのだそうですが、今回初めて,私たちのために冬の開放を快諾してくださいました。

二階建ての広いお宅に住んでいらっしゃる住人は 英語講師をしたり、いろんなことをしていらっしゃるSさん。
地球を大切にしていらっしゃって、洗面所になすの黒焼きが置いてあり、トイレットペーパーも地球にやさしいもの。

地球を汚さない自然な洗剤『松の力』を、めいほう温泉でも使ってほしいと働きかけていたり、
エネルギッシュに動いていらっしゃるようです。

そして、よく飲む!

こどもたちが寝た後の夜会では、次々とお酒が出てきて、お父さんたちのほうが先に酔いつぶれて、、笑
グローバルな視点を持っている素敵な女性で、まだまだいろんな魅力がありそうです。

Sさんに出会えたおかげで、家族会の滞在が、いつも以上に、さらにさらに楽しい時間になりました。

今回は人数が多くて泊まれなかったけれど、ご縁をつないでくださった
『みどりの谷』の章子さん、本当にありがとうございます。

次につづく  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2016年11月29日 08:18

ぺったんぺったん、お餅つき!!

先週末は、てんとうむし恒例の お餅つき家族会。

メンバーのお宅の軒先で,お餅をつきます。

慣れているおとうさんたちの、リズミカルで手際のいい、餅つきと、手返しに、惚れ惚れ。
初めましてのお父さんたちも、薪割りをしたり、自分の役割を見つけて、没頭している。


おかあさんたちは、それを横目に、持ち寄りのおかずをつついて、レシピを聞いたり、わいわいと井戸端会議。



子どもたちは、、

男子は、火おこし。
女子たちは、傘をさしながら、優雅に湯が沸くのを見物。



昭和のおかあさんたちも、きっとこんな感じだったんだろうなぁ。
日本伝統の?面白い風景が、あちらこちらで繰り広げられていた。


お父さんが一緒だと、お母さんも安心するのか、いつもより〔いつも以上に?〕リラックスしている様子。
夫婦の形は,本当にそれぞれ。
いろんな家族模様を垣間見れる時間も、新鮮。

うんうん。
こういう風景を見たくて、森のようちえんを始めたんだよね!と再確認。
子育ては、地域の中で、たくさんの大人の中で、していくほうが幸せだと信じているから。

次の家族会は、1月の雪遊び。

餅つきの後、輪になってコーヒーを飲みながら、お父さんたちと、あれこれ雪遊びの計画を話すのも、また楽しい。
  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2016年10月13日 20:59

〈閲覧注意〉 かあちゃんは、ヘビ使い。



~稲武遠足のびっくり話~

みんなが石釜でピザを焼いて、のんびり遊んでいるとき、

裏を散歩していたら、蛇がいた。
木の根元から、出入りしている。

近くにいた親子組の お父さんと、じーっと行く先を確認。
園児が仲間を呼びにいく。

でも園児には、発見できない。
えー、見たいのに!
不満がたまる。

こんなときは、、、
AちゃんAくんのお母さんを呼ぶ。

やってくると、あたりを見回して、、

なんと、、、

つかまえた!


みんな大興奮。

集まってきて、思い思いに、さわってみる。
指一本でツン。
手でにぎって。。

『もっとヌルッとしてると思ったけど、意外とカサカサして固いんだね~』
『皮のバックみたい』

こどもも、大人も興味津々。

稲武在住のMakiさんまで
『わたし、さわったことないの。さわっていい?』
とおそるおそる、触りにきた。

てんとうむしの、ツワモノかあちゃん、尊敬シマス。。
  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2016年10月11日 21:06

石釜で、ピザを焼く

先週末は、親子組さんと、園児さん合同で、稲武へ親子遠足。


稲武在住のアンティマキさん、後藤さん、奥田さんに協力していただいて、石釜でピザ。
作ってくださった具沢山スープもおいしかった!!
こちらのスープ、ローリエがいい味を出しているのです。
つい先日、ローリエは和食も,洋食にも合う!と教えていただいたところだったので、とってもタイムリー!


まだ親子組に入ったばかりの 初々しいお父さんたちも、
野菜を切ったり机を並べたり、協力してくださいました。


釜の中でピザを回転させるのが、意外と難しいんだね!

帰りには念願のカフェ『ヒトトキ』さんに寄って、のんびりのんびり。
冬季休業前に、お会いできてよかった。

親子組Yちゃん、幹事さんに立候補してくれてありがとう!
下見をしてくれたから、みんな安心して参加できたよ。

次回の家族会は、もちつき。
少しずつ、家族同士が仲良くなっていくのがうれしい。  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2016年09月05日 14:33

ひぇー! スーパー布団ジャンプの証拠写真。

見よ!この形相。 座敷わらしも逃げていくね。 

画面のこっちまで、飛んできそうなパワー!

もいっちょ!クリオネ飛び! この美しさは未来の体操選手。


キャンプの夜。
母の知らないところで、こんなことが布団ジャンプが行われていたとは、、。

Rパパ だいちゃん写真ありがとう!  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2016年08月29日 11:29

川へ行き、森へ行き、パンをこねてBBQ台で焼く!

夏の家族会は、昨年に続き、今年もこちらで二泊三日の夏キャンプ。

ついたらすぐ、ライフジャケットを来て、川へ!


つめたーい水で、ひとしきり遊んだら、休憩して今度は森へGO!


お部屋でごろごろしたら、青い空と森を眺めながらのんびりのんびりお散歩して、


お昼は、自分たちで調理して、パンもこね、BBQパンの完成~。

涙を流しながら玉ねぎを切るこどもたちの様子に、惚れ惚れ。

みんな上手だなぁ。。


そして,子供たちが寝た後は、、、深夜の大宴会!
充実した52時間の滞在でした。

お招きくださった 内田幸一さん
サポートしてくださった 森のようちえん みっけのお母さんたち、
往復200㎞、頑張って運転してきてくれた父兄の皆さん

ありがとうございました!  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2016年05月03日 10:25

森の中の展覧会



子供たちの作ったひたし絵を干すと、森の中で、展覧会が始まったみたい。

絵の具に浸すと、じわーっと色が広がって、にじんでいく ひたし絵。

小さいころ、大好きだった遊びの一つ。



子供たちが夢中になっている横で、私も久しぶりにやってみた。

そしたら、知らず知らずのうちに完成美を求めて、色のにじみ方を計算している自分に気がついてハッとした。




子どもの自分は、いっぱい考えて、わくわくしながら作って、開いた瞬間

『わぁ~きれい!』

って、はしゃいでたのに。


子どもにとって、遊びは人生初の大発見!

全力でチャレンジして、素直に感動できるのって、
子どもの特権だなぁって、いつも思う。

子ども時代に、その年齢にしかできない旬の遊びを、思いっきり楽しんでね。
  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2016年05月01日 16:48

未来への輝きが、ここに。



てんとうむし全園児とその家族に加えて、親子組さん、OBさん。
総勢15組50人で参加した、阿智村の森のようちえんに参加してきました!

われらが愛する 森のようちえん全国ネットワーク運営委員長 うっちゃん〈内田幸一さん〉のもと
大人も子どもも、思いっきり遊びきった2日間でした。

たくさんのワークショップ備品を準備して、大量の食事支度をして、森の中の活動見守りをして、
かなり大変だと思うのに、いつでもとびっきりの笑顔で接してくださった 
うっちゃんとスタッフさんに 感謝の気持ちでいっぱいです。

愛知県内の森のようちえん中間にもたくさん会えたし、これから森のようちえんを始めようとしている
初々しい人たちにもたくさんエネルギーをいただいて、
森のようちえんの未来を感じましたよ。

次は夏キャンプ!
次回は二泊で行くからねー!!!  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2016年05月01日 16:39

空まで 続く 大きなお絵描き



~清内路 森のようちえん体験会にて~

森の中の大きなキャンパスに

小さなMちゃん せっせとお絵描き。

身長80センチくらいのMちゃんの目に映る白いキャンパスは

どんなに大きいんだろう!
  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)