お問合せはtentoumushi344@gmail.comまで

2017年10月19日 17:38

妖怪か⁉️

カテゴリ:活動日記


黒板に書いている手が!

青い!



いつの間に!!

やってみたいと思ったことは、
すぐやる。

それこそ子どもたちの本能。

やってもいいかなぁ、、なんて大人の顔色を見ないといけない場所にいたら、
ワクワクも発想も、
一瞬でシュルシュルーっと小さくなる。


いやはや、、楽しそうだ(笑)

これ、日常。

決してハロウィンパーティでは、
ありませぬ。

こどもは いとも簡単に、オトナの想像を超えていく。

一緒に笑ってくれる仲間がいてくれて、
良かった!
  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年10月19日 06:43

ヨーロッパにも、アメリカにも、森のようちえん!


↑おさんぽしてたら道端で、亀に遭遇。川が増水しているので、陸へ上がってきたみたい。

昨年、てんとうむしへ遊びに来てくれたトルコ人親子が、自国に帰って、
自然遊びをする 森のようちえんのようなグループメンバーに入っていると、親子組母Mちゃんから聞きました。

開園前からずっと てんとうむしがお世話になっている 森のようちえん全国ネットワーク運営委員長 
内田幸一さん(ウッチャン)も、先日、ドイツ語で書かれた森のようちえんの本を日本語訳されました。

森のようちえんが、世界中に広がっているのはうれしいことです。

こちらはスイスの森遊び。写真が素敵。
https://lexus.jp/magazine/20170913/81/exp_waldspielgruppe.html?adid=ag459_FB_20171005_V0087&padid=ag459_FB_20171005_V0087


スイス人に限らず、ヨーロッパの人たちは、ハイキングに行ったり、山登りしたり、
日常生活の中に自然があり、よく自然の中で遊びますが、

日本人は、仕事が忙しいからか、
森を身近に感じている人が少ないのは寂しいです。

ネット社会だから、森の中にオフィスが、あっても、困らないような気がするけれど、
国民が東京にあこがれるから、若者も東京にあこがれる。

森と共に暮らして、森に憧れる大人がもっと増えたら、
子どもたちも、森とともだちになれる。



日本の四季は、世界に誇る美しさです。
春、夏、秋、冬、がきれいに分かれている国は、それほど多くありません。

私も、海の外へ行って暮らしてみるまで、

毎日、朝起きたら明るくて、ちゃんと太陽が昇るという 日本では当たり前ことが、
こんなにありがたくて幸せだとは、気が付かなかった。


『隣の芝生は青く見える』けれど、日本の自然は、とても美しいです。

今日のような大雨も好き。

透き通るような秋の空は、ため息が出るほど大好き。


  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年10月18日 07:50

喫茶『あいかむ』 は、おばあちゃんちの気分になれる場所

カテゴリ:地元情報カテゴリ:地元情報~みよし市~
味噌づくりでお世話になっているNさんと、出会ったのは、この場所。


喫茶『あいかむ』さん。

みよしと豊田の境にある老舗喫茶店で、
岡崎出身78歳のおじいちゃんと、おばあちゃんが経営されています。

メニューは、一応あるけれど、
希望を聞いて臨機応変に作ってくれるから、おばあちゃんちに行ったような気分でくつろげます。


おでんに、メロンに、なんでも乗っかってるところが、昭和っぽくていい感じ!
お値段も昭和のまま!




17時の閉店時間まで、ずっとランチをやっているのも、

『昼休みをとれないお仕事の人が、おそがけにお昼を食べに来るから』

というのが理由。
とっても優しいおじいちゃんです。


おしゃれなカフェもいいけれど、地元民の憩いの場も、とても大事な空間。

お店の前はよく通りますが、一度も入ったことがありませんでした。



常連さんが、お料理の提供や、お皿を下げるのを手伝ったり、コーヒーを提供してくださったり、

地元密着店ならではの、あたたかい繋がりが、ここにはありました。

あいかむ の おじいちゃんおばあちゃん、どうぞ長生きしてくださいね。


  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年10月17日 15:12

子育てママの居場所 ~ 豊田市守綱寺~ 

カテゴリ:地元情報カテゴリ:地元情報~豊田市~



お母さんが楽しめるサークルはあっても、こどもが自由に遊べるだけの場所って、ないね。

ないなら作ろう!

そんな思いを持ったお母さんたちが、10年ちょっと前に立ち上げたのが

『おひさまおさんぽ』サークル。

最初のフィールドは、この場所 守綱寺の広場さんでした。
。。


『なにもしない自由があってもいい』

『こどもがまんなかで過ごせる居場所が欲しい』。

という思いを大事にした活動は、以降どんどん広がって、増え続け、

現在は、年二回、約10団体ほどで、『ごちゃまぜ子育て会』 をしています。

※昨年のごちゃまぜこそだて会の様子はこちら。 次回は11月10日金曜日。
http://sorashido.boo-log.com/e395442.html



。。。。。。。。。
おさんぽサークルは、毎週金曜日(守綱寺での開催は第一金曜日)に活動中。

第二第四火曜日は、朝市と 絵本読み聞かせの会。



どちらも、特に事前連絡は必要なくて、

いつ来ていつ帰ってもいい場所です。


昔から、お寺は地域の人たちがつながる拠点になっていました。

時代は変わっても、その文化は続いてほしいと願います。




  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年10月16日 17:32

豊田市若宮町『やきとり飛鳥』 で打ち上げ

カテゴリ:地元情報カテゴリ:地元情報~豊田市~
豊田市若宮町6丁目にある 『やきとり飛鳥』さんに、先日の講演会スタッフ6名が集まりました。


こちらは、てんとうむし園児OB Rちゃんのご家族が経営していらっしゃるお店。

気持ちは毎週でも来たいけれど、なかなか機会がなくて、一年ぶり2回目の来店。

前回ここでの話し合いで決まった、県内森のようちえんマップが、もう完成して配布されてるからどれだけ久しぶりかよくわかる。。


注文すると、

タレ か シオ か。
揚げ か 焼き か。

聞いてくださいます。



お肉以外にもしし唐、レンコン、ピーマンの肉詰め、お茶漬けまで、
何を注文しても、サックサクで、とっても美味しい!

本当は、講演会前にここで準備会をする予定でしたが、人気店で、なかなか予約が取れず、講演後の打ち上げ会場に。

畳席に座っていたら、Rちゃんのお祖母さんが 『森のようちえんの方ですよね?』と声をかけてくださって嬉しかったです♪

↓一応こちらの打ち上げでしたが、


話したのは、霊感の話、結界の話、人混み嫌いな話、焼き芋大会の話など、、、なんでもあり(笑)


そして、夜ふけとともに、一人二人と帰り、深い深い話になっていきました。

心の奥を見つめて、頭を整頓するには、
こういう時間がいいね。


飛鳥さんありがとうございました。

居心地良くてオススメです!  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年10月16日 07:53

とげぬきピンセットが、スゴイ!

カテゴリ:活動日記カテゴリ:怪我、事故 対策法
とげが刺さったらどうする?

以前は、眉抜き用ピンセットなどの
先が四角いピンセット頑張ったこともあるし、針でほじったこともある。

おばあちゃんの知恵で、五円玉。はちみつを塗る。ネギを塗る。。
などなども、やってみた。

でも、痛がるし、なかなか難しい。

その後、出会ったのがこれ。
『とげぬきピンセット!』




こどもたちって、躊躇なく枝を握るからか、不思議なほどトゲが刺さる。

しかも、手足のあちこちに。

そんな時、救急セットに常備されているとげぬきピンセットが登場!

ものすごく取りやすくて、気持ちよく抜けるから、こ
れを手に入れてから、トゲ抜きが大好きに!


そして、私があまりにも楽しそうに使っているからか、
園児母たちが、

「自宅用にも欲しいー!」

ということで、こんなに大量に、購入しましたとさ。

お値段は 一本あたり1000円ちょっと。

これでトゲが抜けないストレスから解放されるなら高くない!
  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(1)

2017年10月15日 19:28

おもちゃ館 『海賊船』 スタッフ&改修資金、募集中!

カテゴリ:地元情報カテゴリ:地元情報~日進市~


日進市で40年以上の歴史を持つおもちゃ館 『海賊船』



行くたびにいろんな場所が進化している面白い場所。

今回は二階スペースのさらに上のほうに、積み木の秘密基地が増えていました!

現在、改修資金を集めています。スタッフも募集中だそうです!


壁一面に、たっくさんの材料があって、制作好きなこどもには夢のような場所!

是非、ふらりと遊びに行ってみてね!

海賊船
http://npokaizokusen.jp/


開館は、金曜、土曜、日曜日。

定期的に造形教室もやっています。

オーナーさんは、世界中からおもちゃを買い集めてくる おもちゃコレクターでもあり、
施設内の至る所に展示されている、珍しいおもちゃを見るだけでも楽しい!  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年10月15日 08:19

頭を打った時の チェックポイント


子どもたちの斬新な!毛糸作品


~頭を打った時にどうするか~

体重のわりに頭が重たい子どもは、
外遊びの際に限らず、室内で机の角に頭をぶつけたり、本当によくぶつけます。
たんこぶができたら安心。といわれますが、そうでもないようです。。

頭の骨の硬さの順番は
1:前頭部、2:後頭部、3:頭頂部、4:側頭部

特に耳側(側頭部)をぶつけた時は心配ですが、骨がぺコッとへこんだ状態の骨折なら、
2歳頃までは骨が柔らかいので自然に治ることが多いそうです。

こどもってすごい!

~チェックPOINT~

●頭を打ったあとおおよそ4時間くらいは注意をして見守ります。
ひと泣きした後、よく寝るので心配になりますが、そのあと普通なら大丈夫。
ずっと寝てて心配な場合は、時々起こしてみる。

●落ちたりぶつけたりしても、すぐ泣いて、目が合って、普通の様子なら、見守るだけでたいてい大丈夫。

●めまいがあったり、ボーっとしていたり、食欲がなかったり、いつもと違う様子なら受診を検討したほうがいい。
頭を打ったあとのめまいはほとんどの場合、脳しんとうのことが多い。『ぐるぐるする』と言うようなら受診を検討する。

●普段の、大泉門の状態を知っておく。

乳児にはあたまのてっぺんに、骨がない部分があって、1歳半頃までは触ってわかります。
普段時々大泉門を触ってみて通常の状態を知っておくと、もしものときに、安心です。

正常では、横になった時や泣いたり、力んだ時に圧が高くなり、少し盛り上がりますが、
通常の状態で起きている時は少しへこんでいるのが普通です。

頭をぶつけて、脳の中に異常があると、脳の圧が高るので、どんな抱き方をしても大泉門が膨らんでいて、押すと固く感じます。
圧が高くなっていたら脳神経外科で診察を受けたほうがいいです。

。。。。。。。。。。。
★ちなみに鍼灸師の私は、大泉門を 『しんえ』というツボでとっています。ツボは指をあててとります。 親指一本が、一寸。
前髪の生え際中央から2寸上。(親指二つ分上)が『しんえ』です。ちょっとへこんでいて、イタ気持ちいいところがツボです。

『しんえ』は、有名なツボ 『百会(ひゃくえ)』の手前3寸にあり、
『しんえ』押して、ブヨブヨしてて、むくんでいるなぁと感じるときは、湯たんぽを使ったり、お灸を乗せてます。

頭皮のむくみは、、他人の頭皮を触らせてもらうと違いがよくわかります!


  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年10月14日 07:17

本屋で読書しながらカフェタイム! 『カフェベーカリー ナギ―』

カテゴリ:地元情報カテゴリ:地元情報~東郷町~
大好きな大好きな、ラクダ書店東郷店内のベーカリーカフェが、新装オープン!

分煙から、全席禁煙になったのね!

本屋さんの入り口から、ずらーっと奥へ、一人用の席が並び、


素敵な文房具も増えました!ちょっとしたプレゼントを買いに来るのにいいね♪



奥には、子連れに嬉しいソファ席や、ペットが同伴できそうなテラス席もできていました。
購入前の本をここに持ち込んで、座って試し読みできるのが最高に幸せ。


今までも、ちょっと時間があると、ラクダ書店に出没していたけれど、今後ますます長居しそう!


スープなどのランチメニューも増えたみたいですよ!

『カフェベーカリー ナギ―』
https://tabelog.com/aichi/A2303/A230302/23004628/  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年10月13日 19:43

ウサギ VS サツマイモ

カテゴリ:つれづれ

掘ったサツマイモをデッキに干していたら、、

ゴリゴリ。

音がする。

見るとウサギが、かわいい顔して、
美味しそうに食べてるじゃないの。

やられたー!

二年ほど前に畑で保護されて我が家にやってきたウサギ。

名前はミミナガくん。

食べられないように新聞紙の下に隠したけれど、どこに置いても見つかってしまう。

結局、サツマイモを丸ごと1つ食べきって
ご満悦。

これ以上食べられないように、
サツマイモを他の家へ避難。  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)