お問合せはtentoumushi344@gmail.comまで

2018年07月30日 00:03

自然が、大人をつなげてくれる。



自然の中にいると、想定外なことが次々と起こって、
それをきっかけに、お母さんたちの気持ちが繋がっていく。

情報過多の現代は、
調べただけで、わかったような気になってしまう。

頭でっかちな大人が増えていて、
結果的に、こどもたちの遊び場を奪ってしまっていないか、、


森のようちえんは、子どもを核にして、
大人たちが成長する場所。

肌で感じた経験や、実体験の記憶の積み重ねが、
自分の自信になっていく。
  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2018年07月28日 00:02

ザリガニのお引越しには、、

カテゴリ:活動日記



まだ手でザリガニが触れない年長Aくん、


保育スタッフMちゃんに、ザルをつくってもらって大喜び 『これならザリガニお引越しできる!』





ザリガニ、すいぞくかん!

営業中~。  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2018年07月27日 00:03

豊田市 で カフェ会議

カテゴリ:活動日記カテゴリ:地元情報~豊田市~
夏休みの始まりに、こちらで スタッフ会議。


子どもたちのこと、お母さんたちのことを
スタッフで共有して、いっぱい笑って、感心して、、とても充実した時間でした。


会議は、他人の価値観や視点を知ることができる貴重な機会だということを全員が理解しているから、
とても発展的で、面白い!

それにしても、、

こちらのお店のメニューは、
外観からは想像できない 本格中華でした!

辛さも、ホンモノ!
お腹いっぱいで、食べきれなーい!


、、、、、、


みよし市で会議する時は、こちらイチオシ!
畳席に、キッズスペースがあるのがありがたいです。

  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2018年07月26日 00:06

お父さんも一緒に 性教育講座



6月末の日曜日   てんとうむし家族会

助産師 西田久代さんをお招きして、
性教育講座を開催しました。

性教育講座は、子どもの年齢によって、興味のポイントが違うので、
何度聞いても新しい発見があります。

〜参加者の感想メモ〜

最近は特に子どもを狙った犯罪が多くて、子どもを守るには具体的にどうすればいいのか漠然と不安を抱えていましたが、お話しができて少し心が軽くなったような気がします。

プライベートゾーンを触りたいときは聞くという話が子供達には残っていたようで、「ママ今触ってもいい?」と聞いてくれるようになりました。

嫌なときは嫌と断るということ、性について家族で話をすることは恥ずかしくないんだということを伝えていくことで、子どもたちもなにかあったときにも話しやすい雰囲気を家庭で作っていきたいなと思いました。

念願だったので、子どもと一緒にお話が聞けて本当に嬉しかったです。またもう少し子どもたちが大きくなってからもこういう機会があったらいいなと思いました。ありがとうございました。


いただいた資料を読んでいて、「自尊心を育む性の教育」という文章にはっとしました。

性のことを家族間で隠したりはぐらかしていたら
子供が自分の心身の性的なことを受け入れられなくなるのかな、と。

性についてオープンに、心をこめて話し合える家族関係を作れたらなあ、と思いました。

また下の子が大きくなったら講座を受けたいです!


息子5才がトイレにうんちに行く時、廊下で脱がそうとしたら「見られたらダメなんだよ!大事なんだから」と言われました。

普段無頓着な母も性犯罪に合わせない為に出来る事はしようと思いました。トイレでも自分のものをジーと見てたり「カラダを尊重する」のきっかけになったと思います。


高学年の子たちは、部屋の隅に置かれた本をチラ読みしながら聞いてくれていました。



こちらは、

『ふと疑問が湧いても、お年頃になると家族に質問しないから、
自分で本を取り出して読めるように置いておくといいですよ』

とオススメしてくださった本です。


今後も、定期的に受講していきます。
  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2018年07月25日 00:02

電車あそび 〜文字のない世界〜

カテゴリ:活動日記


『電車が走りまーす』

ガタンガターン。

まだ文字を使わない時期の子どもたちは
一生涯でこの数年間しか味わえない
創造の世界にいる。

これはこうやって使うべき。という概念も持ち合わせていないから、大人には予想もつかないことをして楽しませてくれる。


人は、文字が読めると固定観念が先に立ってしまう。

海外へ行くと、人は、文字が読めない時に、
自由な想像力が働くんだと実感する。


後先考えずに、
思いっきり 『今』 を堪能できる時期は、
本当に短い。


文字が読めるようになったら、
もう読めない世界には戻れない。


そう思うと、しんどいと思っていた『今』が、
とっても大切に思えてくる。


大人になる準備は、まだまだ先でいい。

ファンタジーの世界をたっぷりと、 充分に楽しんでから、ゆっくり次のステージに進んできてね。
  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2018年07月22日 00:02

蚊に刺されたら、すぐお灸!

カテゴリ:活動日記カテゴリ:おさんぽ豆知識

我が家では、蚊に刺されたらお灸が定番。

刺されてすぐに、棒灸を近づけて炙ると、、

あれ?

痒くない!

お灸の熱に神経が反応して、血管を収縮させ、血流が抑制されるからと考えられています。

棒灸の使い方は、とっても簡単。
肌に近づけるだけ。
じっとしていられない子や、肌が柔らかくて水ぶくれができそうな所にも使える優れものです。


幼い子たちも、お灸をすれば痒くないことを実感しているので
「蚊に刺されたから、お灸してー!」
と、言ってきてくれます。

↑この日は、雨上がりの日で、活動場所に蚊がいっぱいいたので、より効果の高い「棒灸」を使ったけれど、一つ二つ刺された程度なら
市販の 台座灸( せんね○灸)で充分かと思います。



お灸は、子どもたちにも大人気。

お腹が痛いと言っていた子も、回復。

蚊取り線香に火をつけるのにも役立ったね。  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2018年07月21日 00:02

こんな描き方があったとは! 〜楽しすぎる芸術活動〜

カテゴリ:活動日記


地元の知人から、
『今、個展を見に来ているんだけれど、画家さんとお話ししていたら、あなたの顔が浮かんで、是非ご紹介したくてお電話したの』
と、現代美術家のお母さんを紹介していただきました。

私のことを思い出して、すぐに連絡をしてくださったことを、とても嬉しく思いました。

早速お会いすると、とってもワクワクするアイディアをたくさん教えてくださって、早速やってみたくなりました。


現代美術家Yさんのお宅からほど近いHさんに場所を提供していただいて、年長さんとお試しで即実践!


※この日、試したのは、白髪一雄さんが考案された
床に広げたカンバスの上に絵の具を置き、天井からぶら下がったロープにつかまりながら裸足で描く手法を真似たもの。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%99%BD%E9%AB%AA%E4%B8%80%E9%9B%84

準備していると、、足にぬるぬると描き始める園児たち。

『靴を描いてるの』



様子を見ていてくださったHさんが 
『屋根からロープをつるそうか?』 と提案してくださって、『ぜひ!!』とお願いしました。

さてさて、いくよー!

絵の具をまいて、、、



ロープでビューン!

たのしーい!!




『ぬるぬるすべるー!』 

ビターン!!!

うわーすべるー!

わざと転ぶのもまた楽しくて。



画用紙などを交換する間は、ロープが地面につかないように綱引きの要領で、引いておく。

その間、地面とほぼ平行な状態で、
ずーっとロープにつかまっていられる子どもたちの腕力と握力が、スゴイ!



現代画家Yさん、場所を提供してくださった上に活動しやすい環境を整えてくださったHさん、

園児たちの活動にお力添えしてくださいまして、心から感謝します。

ありがとうございます!


そのうち、ギャラリーで個展を開催できるかな?


  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2018年07月20日 00:03

流しそうめん⁈

カテゴリ:活動日記


今年も始まりましたよー。

流しそうめんシーズン!

一応、流しそうめん、と呼ぶけど、何でも流れてくるよー。

↓こちらは去年のブログ。
http://sorashido.boo-log.com/e410008.html



年少さんたちは、スイカを洗って?水遊び。
  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2018年07月19日 16:50

てんとうむし 親子体験説明会2018  終了しました!

てんとうむし親子体験説明会 無事終了しました。



今年は全国的に暑く、
愛知は前代未聞の猛暑ですが、日陰の水場は涼しく過ごせます。

日々の事件や情報が耳に入ると不安になりやすいけれど、むやみに怖がらずに、
自然環境の特徴を知り、上手な付き合い方を知っていく事も大事だと考えます。

今日は、現役親子組のメンバーも、
きつねやまプレ―パークのメンバーもたくさん来てくれて、
子どもたちと一緒に 気持ちよくビショビショに!

嗅覚の鋭い子どもたちは、遊びの達人を見抜くのがうまい♪



説明会で熱心に質問してくださる皆さんとお話していると、
初心を思い出すことができて、とてもありがたい時間でした。

森のようちえんの魅力を言葉にして伝えるのはとても難しいので、
てんとうむしの活動を体験して、その場の雰囲気から何かを感じとってもらえたら嬉しいです。

  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2018年07月15日 00:02

『雨の日は外で何してるの?』

カテゴリ:活動日記
『カタツムリ、みーつけた!』



『園舎のない 森のようちえん をしています』
と言うと、必ず聞かれるのは、

『雨の日は、どうしているの?』という質問。


雨の日のこどもたち、とっても楽しそうに、
普段より、むしろ興奮して遊んでいます!

といっても、鍛錬の修行してるわけじゃないから、
「さぁ!濡れなさい!」なんて言ったことは一度もない。
むしろ、我慢できずに飛び出して行く子どもたち。

豪雨の時、滝のような雨に打たれたくなる気持ち、全身濡れた時の爽快感、過去にやった経験がある人なら、わかる。

大人は「風邪をひかないのかな?」って心配になるけど、活動後すぐお風呂に入ったりして、しっかりあったまれば大抵大丈夫。




~ある雨の日の 活動実況中継~


年少TKA 『おんせんよ〜!はいりましょう♪』

年長F 『そうね♪』

と、朝イチでひとっ風呂する2人。



年少M 『Mちゃんはおんせん入らない!』

…って、さっき言ってたけど、 雨ぽたぽたシャワーは浴びるのね〜笑


『さあみんな!押して~!』

雨の日は、ウッドデッキをボディボードすると、よく滑るんだよね~
水たまりでも滑る!



雨を眺めながら、ボーっとする自由もある。


年中SE『カタツムリいないねー』
年少SO『ドクダミのにおいくさいー』

たそがれ少年たちの後ろ姿、
かわいくて見とれちゃう。。


雨の日こそ、森のようちえんの醍醐味!


あれこれ考えずに、思いっきりビショビショになれる時期は、

ほんの数年だけ。







  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)