お問合せはtentoumushi344@gmail.comまで

2018年08月21日 00:02

一つ一つ違うのが当たり前

カテゴリ:つれづれ


楽器のレッスン中、恩師が話していた言葉。

「たとえ同じ音が連続していても、それを同じ音色で弾くことは、絶対ありません。

喜びに開いて膨らんでいく音なのか。トボトボ歩いていく音なのか。

同じ音でも、当然少しずつ何かが違っているはず。

だって自然の中にあるものは、全部違うでしょ?

同じ色に見える葉っぱだって、一枚一枚、少しずつ違うよね」

この言葉に、自然の風景が頭に浮かぶ人は、ハッと気が付いて音楽が変わる。

自然体験に乏しい人は、言葉の意味が理解できなくてぽかーんとしてる。



人は、いろいろ。

野菜もいろいろ。

まっすぐだったり、
曲がってたり。

自由な野菜を見ていると、
気持ちが自由になれる。


  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2018年08月19日 00:02

絵本「くれよんのくろくん」の世界を体験できる!

カテゴリ:つれづれ
新しいことを探しに行く場所は、今も昔も変わらず、本屋さん。

この日訪れた本屋さんで、こどもたちのアンテナに引っかかったのは、これ。
『スクラッチアート』


私も、こういうの大好き。
シンプルな絵柄のものもたくさん陳列されていたので、面白そう!と、購入してみました。

帰宅すると、早速開封してスクラッチをスタート!

「わぁ!『くれよんのくろくん』に出てくる シャープペンのおにいさん みたい!」
https://www.doshinsha.co.jp/search/info.php?isbn=9784494008926




そういえば、シャープペンのお兄さんにあこがれて、自分で画用紙を持ち出してクレヨンを重ね塗りして削ってみたけど、思ったようにできなくてがっかりしていたなぁ。

ずっと、心残りだったのね。

なんとタイミングのいい出会い!




最初は綺麗な色が出てくるー!って感動しながら、
じっくりじっくり、なぞっていたけれど、



最終的には、どうしてこんな綺麗な色が出てくるのか、仕組みを知りたくなったのか、
隅から隅まで全部削っていたー!


スクラッチアートで調べてみると
https://my-best.com/4893

いっぱいあったよ!

黒くないものもあるんだね!
  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2018年07月30日 00:03

自然が、大人をつなげてくれる。



自然の中にいると、想定外なことが次々と起こって、
それをきっかけに、お母さんたちの気持ちが繋がっていく。

情報過多の現代は、
調べただけで、わかったような気になってしまう。

頭でっかちな大人が増えていて、
結果的に、こどもたちの遊び場を奪ってしまっていないか、、


森のようちえんは、子どもを核にして、
大人たちが成長する場所。

肌で感じた経験や、実体験の記憶の積み重ねが、
自分の自信になっていく。
  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2018年07月29日 00:02

待つ という 試練

カテゴリ:つれづれ


子育ては、

効率化できない。


子どもから与えられるのは、

待つ という試練。

それは妊娠期から始まっている。


出産を控えた 母にできることは、

子の無事を ただ祈って、その時をひたすら待つ こと。  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2018年07月24日 00:02

ワンデーシェフ

カテゴリ:つれづれ


大府の公共施設に立ち寄ったら、老舗のS幼稚園有志のママたちが、楽しそうにワンデーシェフをしていた。

手作りの かわいい ランチボックス600円。

その下のロビーでは、おじいちゃん達がコーヒー100円のサロンをしていて、座る場所もないほど賑わっていた。

こういう世代を超えた 地域の居場所、やっぱりいいなぁ。

。。。。。。。。

三好ヶ丘の駅前コンビニは 経営不振により、現在、平日のみの営業に縮小されています。

この先、8月末で閉店してしまうと、また駅前が淋しくなってしまうから、

こういうワンデーシェフなどができたらいいな!





  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2018年07月13日 00:02

オーギョーチー

カテゴリ:つれづれ


随分前から、

我が家の冷凍庫に、得体の知れない
つぶつぶが入っている。

つぶつぶの集合体が何より苦手だというのに、、。

これは台湾のお土産にいただいた
オーギョーチー。

漢字で書くと「愛玉子」
http://docomogu.delivery.dmkt-sp.jp/column/1429/
美味しいゼリーができるらしいけど、
どうにも食べ物には思えない。

これどうやって使うの?と尋ねると、
「いつか作るから置いといて」と旦那さん。


でも、この量。
一気になくなりそうにない。

うーむ。。

そうだ!
夏キャンプに持ってって
全部作って、みんなで食べよう!





  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2018年06月30日 00:01

困ったときの『有吉住宅』さん、いつもありがとうございます!

カテゴリ:つれづれカテゴリ:地元情報カテゴリ:地元情報~豊田市~


自宅のリフォームも、塗り替えも、修理も、倉庫も、小物も、、
困ったら相談しているのが、森遊び仲間Kさんこと『有吉住宅』さん

愛知県豊田市『有吉住宅』HP
https://www.ariyoshi-jyutaku.com/

誠実で穏やかで、丁寧なお仕事をされるので、
とっても信頼しています。


今回園児たちに届いたのは、こちら↓

ちょっと座れる感じの、軽い小さなものがほしくて、

『こんな感じの。。』

とイメージを話したら実物が届きました!!


早速、こどもたちはお絵かきしてたね。


帰りの会で絵本を読んだり


家では、パパが枕にしていたとか(笑)

家の中も外でも、今後あちこちで活躍できそう!


とっても嬉しいー!
いつもありがとうございます。

。。。。。。。
お家を建てたい、建築の相談に乗ってくれる人を探している、リフォームしたい、戸棚を作りたい、床を張り替えたい、などなど。

誰かいないかな? と相談を受けると、まず有吉住宅さんをご紹介しています。


我が家のリビングの床板、脱衣場の壁板を張り替えた時も、トイレの漆喰を手塗りした時も、

すべて有吉住宅さんにお世話になりました。



まずは、有吉さんに会ってみてほしい。

彼の周りは、時の流れが違う感じがして、とっても癒されます♪

おススメです!




  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2018年06月29日 00:02

鋭い!面白い!小学生が描いた『文房具図鑑』

カテゴリ:つれづれ

こちらは、二年ほど前に、話題になった本。

知っていたけれど、自分の子が同じ年齢になってから読むとさらに面白い!!


気になるところは、そこなんだ(笑)

っていうポイントがいっぱいで、読んでると思わず笑っちゃう。

個人的に気に入ったのは、本の後ろに、
パイ○ットや、コ○ヨ、など全文具メーカーから寄せられているコメント内容の素晴らしさ!

開発者が気づいてほしい!と思っているこだわりポイントを、
けんたろうくんは、しっかりとつかんでいるんだなぁと思いました。

新しい文房具図鑑。
文章も素晴らしいです。

是非是非!
読んでみてね。
  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2018年06月27日 00:02

オススメ本 「どろんこ保育」

カテゴリ:つれづれ


5年前の森のようちえん全国フォーラムでお会いすることができた、野中保育園の 塩川寿平さん の本。

本の後半にある どろんこ絵本紹介コーナーに、
私の原点になっている絵本 こどものとも「どろんこ」 が、掲載されていました。

幼稚園の頃からこの本が大好きだったなぁ。

本棚から取り出して、裏表紙を見ると、
拙いひらがなの文字で、自分の名前が書かれていて、なんだかくすぐったい気持ちになる。

これまでに何度見返しただろう。




寿平さんが
「今では、野中保育園の卒園児が市役所にたくさん勤務しているから、何が新しいことをするのも随分ラクになりました。長く続けてると、たくさんいいことありますよ」

と、お話されていたのが記憶に残っています。










  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2018年06月24日 00:02

臨月のおなか 下から見たら、、、

カテゴリ:つれづれ
年中Yくんと一緒に、YUちゃんの第二子Mちゃん出産に立ち会いました。

赤ちゃんに会えた瞬間、お部屋が幸せいっぱいな空気に包まれて、とても素敵なお産でした。


出産10日前のYちゃん



自分が臨月の時に、このアングルで撮ってもらった写真に衝撃を受けて以降、

臨月の妊婦さんに会うたびに やっぱり撮りたくなる素敵な写真。


もう1歳になるTちゃんが、まだお腹にいた時のKちゃんも、このアングル♪
http://sorashido.boo-log.com/e402636.html


・・・・・・

お母さんが産休中も、園児がてんとうむしの活動に来れるように、

日々の送迎や、お弁当作りは、お母さんたちで自然にフォローしあっている。

送迎バスや、給食がない環境だからこそ、人を想うことや、心の支え合いの気持ちが育っていく。


最初は遠慮がある人も、『人にお願いされることの心地よさ』を知ると、どんどん気持ちがラクになる。


【私、お弁当作るよー】【私、迎えに行くよー!】 って声をかけあって、誰かの役に立てる喜びを感じられる幸せ。

それを重ねていくうちに、この先何が起きてもきっと大丈夫。って自分や仲間を信じられるようになる。


。。。。

人は、誰かにしてもらってうれしかったことを、次は自分も、してあげたくなるもの。


自分が受け取った恩を、次の人へ送るのが

 『恩送り』 



人のやさしさに気がつくと

心がじんわり 

あたたかくなる。



『森のようちえんって、こどもため、もあるけれど、それ以上に、お母さんの心の支えのために存在している』


ことを、確信しています。

、、、、、、、、

YUちゃんへ

無事に出産おめでとう。

命を授かってから、赤ちゃんを抱っこするまでの
十月十日ずっと心配の連続だったね。


へその緒が繋がったままのMちゃんをお腹に抱っこして

「あったかい、、」
って、つぶやいている顔は、とても美しかった。

命の誕生って 本当に神秘的。

この世にいる人はみんな、こうして大切に産まれてきたんだよね。

Mちゃん、生まれてきてくれてありがとう。  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)