お問合せはtentoumushi344@gmail.comまで

2017年05月27日 11:23

森のようちえんを卒園して、小学校に入ることに心配はない?

卒園児の小学校運動会にご招待いただいて、〔先日の、保幼小連絡会議も、出席してきましたよー〕
来賓として参加してきました。


元園児Mちゃんは、すっかり一年生の顔になって、とっても楽しそうに過ごしていました。


せっかく来賓席まで用意していただいたけれど、、とても座れなかった。笑
遠慮、、というより、児童席にいるほうが楽しかったので、来賓席に座っていられなかったっていうほうが正しいかな?
。。。。。。。。。。。
森のようちえんの入園説明会で、必ず聞かれる質問。

「机にすわったことがない子が、小学校に入っても大丈夫ですか?」

こういう質問は,長く森のようちえんに携わっている方の答えが必要です。

質問があった場合は、30年以上もの間、長野県で活動をされている 内田幸一さん〔森のようちえん全国ネットワーク運営委員長〕が、的確に答えてくださった言葉を、引用してお伝えすることにしています。


「心配はまったくありません。自然の中に育った子どもたちは、とても柔軟性があります」


「野外で過ごすということは、思い通りにならない中で過ごすということ。
同じ場所でも、その日の天気も気温も自然環境も、毎日違う。
しかも,こども時代は、母に連れてこられてきているので、強制的に、自然の中で過ごすことになります。
そんな中で、周囲の環境に、自分を合わせていく事を覚えた子供たちは、
その後の人生で、どんな道に進んでも、臨機応変に対応していくことができます」

満席の会場からは、
「ほぉー!」という、ため息のような、感嘆の声が湧きあがりました。

長年の経験から得られた方の言葉は、説得力あり。

それでも、やっぱり、頭で理解していても、不安になるのが母というもの。
そんな時は,先輩ママに実際の様子を聞いてみるのがいいね♪  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年05月16日 17:09

今しか、できないこと。

カテゴリ:つれづれ


ようちえんの期間は、小学生になるまえの準備時間じゃない。

〔今〕しかできないこと、たくさんある。

全力のケンカも、思い通りにならない悔しさも、先を考えずに全力で遊べちゃうのも、今だけ。


その時その時の こどもの育ちを大切にしたいと思うから、

当番に入るお母さんたちは、今まで考えもしなかったようなことを、初めて考えるようになる。


たくさんの大人が、いろんな角度から我が子のことをみてくれて、母も知らない姿を教えてくれる。
なんてありがたい仲間たちなんだろう。

最初はこどものために、と、森遊びを始めたお母さんも、

だんだんと、自分のためだったんだ!と気がついていく。


自然は、人間の過ちも、ちっぽけな心も、悲しみも、喜びも、すべてを包んでくれる偉大な存在。

  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年05月15日 18:03

みよしプレーパーク 世話人仲間募集!

カテゴリ:つれづれカテゴリ:みよしプレーパークカテゴリ:地元情報

昨日は快晴の中、プレーパーク!
五月の太陽に、肌がじりじりしてました。

森仲間と、運営している みよしプレーパークのブログはこちら。
http://miyoshippark.boo-log.com/

三好丘緑地は、三好丘駅から遊歩道でつながっていて、
展望台もあり、とっても素敵な場所ですが、
市民でも知らない人がたくさんいます。

春は桜満開のお花見。
夏はバトミントンやボール遊びしたり、
秋は、落ち葉やどんぐりがいっぱい、
冬はたこあげ。

などなど、
いまの時期は、ザリガニ釣ったりしてるね!

季節のいい時期に、ぜひ一度、遊びにきてみてください。

次回の開催日は6月4日だよ。

みよしプレーパークは、こどもたちの居場所を作りたいという熱い想いを持ったお母さんたちが、
手弁当で運営しています。

みよしプレーパークの年間予定表は、こちら!


今日は、プレパ会議でした。
小さいころからの我が子を知っているお母さんたちが集って、小中学校の様子や、
最近気になるコトと、わいわいいろんな話をする時間も大事な時間。

プレーパークは、いつでも世話人募集中です!

全国のプレーパークを探したいときは、こちら。

日本冒険遊び場づくり協会HP
http://bouken-asobiba.org/

きっと近くにあるよ!

  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年05月13日 18:38

ダルクローズリトミック発表会DVD完成

カテゴリ:つれづれ


表現活動としての、
ダルクローズリトミック。

1月に開催された発表会DVDができました。

数ヶ月前なのに、みんな随分幼くみえる。

園児本人も、どれが自分かわからない様子。それだけ毎日の成長が目覚ましいってことだね。

毎回、リトミック講師陣には、森のようちえん児の身体能力と、
ストレートな表現力を褒めていただきます。

走っててストップ!するだけでも、ふらりとする子もいる中、たくましい園児たちの
脚力、安定性はスゴイ。と。

そりゃそうよね、
日々、崖や土手を走ってるんだから、
それが普通のこと。

毎年思うけど、
気がつけば、誰も下り坂を転ばなくなって、いつの間にか、リュックがずり落ちなくなっている。

こどもたちの成長は、まばたきするのも惜しいくらい一瞬。

リトミッククラス発表会は今年で20回。

園児たちは、発表会でも思ったことをチャキチャキ自由に発言して、ベテラン講師がその子の個性を引き出してくれる。

こどもらしい斬新な発想を提案してくれる子も多くて、楽しい。

毎回、森の関係者だけでなく、
多方面の方々の、たくさんの視点から、
園児たちの成長を教えていただけるありがたい機会です。

リトミック教室は、第2第4金曜日。
年齢ごとにクラス分けされていて、
誰でも入会できます。

体験してみたい方はお問い合わせください。  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年05月06日 21:16

『あきらちゃんとたんばりんくん』 素晴らしかった!

カテゴリ:つれづれ
今日は、こちらに行ってきましたー!
「あきらちゃんと、タンバリンくん」


20歳以上違う あきらちゃんとタンバリンくんのトークは、
まるで親子漫才で、めっちゃ楽しかった!
なんせ年間の公演数が、すごい!桁外れ。
http://stage-blog.p-kai.com/?eid=993114

特に感動したのが、あきらちゃんのピシッとトーク。
要所要所で、とっても素敵なことを言ってくれます。

お誕生月に「はーい」をする曲を演奏する前に、、
『おかあさんたちにお願いです。もしお子様が、違うところで手をあげても、違うわよ!と否定しないでください。その子の手をあげたい気持ちを優先してください』と、ピシッと。

やんわりと伝える人はたくさん知っているけれど、コンサート中のトークでここまで直球に伝えてくれる人は、なかなかいない。素晴らしい!

一月も,二月も、三月も、すべてのお誕生日で手をあげてステージに登場してくる子がいると、
「また来たの?!」
「毎日がお誕生日!いいねー!」 

ステージが楽しすぎて、舞台で側転したり、大興奮して踊ってる子に
『ここにいてもいいよ。こどもって、ちゃんとまわりの雰囲気を見てますから。危なくなければ大丈夫』

もう、ほんとに、すべてOKな雰囲気は、居心地最高でした。

もっとびっくりするのが、今回の企画。
あきらちゃんとたんばりんくんが大好きすぎるお母さんが、たった一人で大チャレンジ!
しかも準備まで一ヶ月もない段階で、500人ホールを予約しちゃう、その勇気に惚れちゃいます。

この会場には
何でも楽しんじゃおうとする大人たち、
子どもみたいに遊んじゃう大人たち、いっぱいいました。

みんなありがとうー!
  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年05月03日 08:26

電話の受話器は、とりましょう。

カテゴリ:つれづれカテゴリ:地元情報

各集会所、公民館などに、
公衆電話が設置されました。

携帯を持たない世代の人も
緊急時に通報したり、連絡を取ったりできるように。

が、スマホ世代のこどもたち

テレホンカードを知らない。

「緊急のときはそのままかけられるよ」

と話したら、

「へぇー、受話器とらずに?」

と、小学生。

いやいや、、、。

確かにそのままダイヤルできますと書いてあるけど、そのまま、の意味が違う。

使い方講座が必要なのかも?
  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年04月28日 07:26

赤ちゃんの歯磨きに困ったら、、オススメ本 『元気なお口の育て方』

カテゴリ:つれづれ
今日は、自主活動を始めた当初から、とってもお世話になっている
春日井市在住の歯科衛生士 中村和子さんの、コラムをまとめた本をオススメします。

『元気なお口の育て方』


虫歯を作らないためには、歯磨きより先に、お口の中の成長を知ることがずっと大事。

私も、歯が生えてくる時期が違うのに、離乳食を月齢で決めるのはナンセンス。と常々思っていますが、
その原点のお話を教えてくださったのが、中村和子さん。

先日お会いしたときも、『お母さんたちは、何を食べさせるか、すごく考えるけれど、お口の中がどうなっているか、を考えないので心配』と、和子さんがお話してくださいました。

和子さんに出会ったのは、長男が2歳、虫歯は大丈夫なのかな?と思っていた矢先のことで、
その当時、私たちが活動していた場所にも、何度も遊びにきてくださいました。

→懐かしいブログが残ってました。
http://jyuan326.blog117.fc2.com/blog-entry-295.html

この本に書かれている情報を知っていたら子育てがぐっとラクになるのは間違いなしです!

気になる方は和子さんのブログをチェック!
http://blog.canpan.info/hanetto/category_19/1

子育てグッズの進化とともに、お口の成長についての心配が増えていることも、教えてもらいました。

、、最初から、ストローだけを使っていると、、知らない間に、こんなことができなくなっていた。

、、なんでも小さく切って与えていると、食べ物を自分のお口の大きさに噛み取ることに挑戦できない。
結果として起きてしまったこと。

食事と一緒に取るのみものは、、、?

和子さんのお話を聞くと、そっか!!毎晩、こどもと戦いながら、必死に歯磨きをしなくてもいいんだ!
毎日笑顔でいっぱい笑う方が大事なんだ!

と思えます。

歯磨きより、ずっとずっと大事なことが、読みやすいエッセイのような文体で書かれています。
ぜひ取り寄せてみてくださいね。


  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年04月25日 08:05

153号沿いの 石釜パン屋さん 『はらぺこパン』

カテゴリ:つれづれカテゴリ:みよしプレーパークカテゴリ:地元情報
みよし市153沿い たまご村のお隣にある石釜パンのお店『はらぺこパン』さんへ、


みよしプレーパーク発行の『みよしおさんぽマップ』をお届けしてきました。

「このMap,前回届けてもらった後、すぐなくなっちゃったから、いっぱい置いてってー!」
と、嬉しいお言葉をいただきました。


はらぺこパンのオーナーさんと私は、同じ小学校出身。
小学校は、保田が池のすぐ横にあったから
(当時は、上の運動場と,下の運動場と、小学校グランドが二つあったんですよー)
『下校したら、きつねやまアスレチックに直行して遊んだよねー!確か入り口におじさんがいて、名前を書いてさ~』
って話で盛り上がりましたよ。

私はハード系のパンが好きなので、こちらの歯ごたえのあるパンが嬉しい!


ハラペコパンの詳細はこちらでどうぞ。
https://tabelog.com/aichi/A2305/A230501/23042544/  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年04月21日 16:49

自主上映映画 「さぁ のはらへいこう」

カテゴリ:つれづれ

「さぁのはらへいこう」
http://noharaheikou.com/

気がついたら、自主上映してからずいぶんと月日が流れていました。
もう4年前?

今日の会議で、映画の中に出てきた 上靴が濡れて、中敷きに葉っぱを入れていた子の話をしたら、
見たーい。と。

そうなんだ!
今のてんとうむし園児母のほとんどが見たことない。

再上映を考えています。
近くで上映の予定はないかな?

  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年04月13日 21:21

赤ちゃんおめでとう!

カテゴリ:つれづれ


↑出産4日前に撮影したKちゃんのお腹。
愛おしいね♪

保育スタッフKちゃん、第4子出産おめでとう!

予定日ぴったり。
入園式の日に、産まれましたよ。

おめでとう。おめでとう。おめでとう!  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)