お問合せはtentoumushi344@gmail.comまで

2018年02月09日 00:01

お米屋さんの『おはぎ』 



体調を崩しているとの連絡を受けて、オムカフェの『おはぎ』をお届けしてきました。


三好市役所の向かいにある『オムカフェ』さんは、お米屋さん。



子連れにも優しいお店で、お持ち帰りもできます。

おにぎりだけじゃなく、おかずもあり、お味噌汁やスープもありますよ。


『オムカフェ』 さん。

ぜひ行ってみてね。

おススメ店です!!
http://omucafe.jp/aboutus.html  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2018年01月18日 00:02

パンが美味しいよ。「カリヨンテラス三好丘」 ~みよし市おすすめスポット その34~

カテゴリ:地元情報カテゴリ:地元情報~みよし市~
三好ケ丘駅前 カリヨンハウス2階 「カリヨンテラス三好丘」 に、チラシを貼っていただきました。



爽やかな店長さん♪

『この辺なら貼っていいよー。セルフで貼ってねー!』

「はい!もちろん!」



カリヨンテラスには、焼き立てパン、お豆腐、地元の野菜、食材、ワインなど、いろんなものが売ってます!

イートインスペースもあり、子連れにやさしいお店です。




  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2018年01月07日 08:08

耳に残るCMソング 「三好流水プール」 動画が懐かしい。

カテゴリ:地元情報カテゴリ:地元情報~みよし市~



サンアートが経っている場所、以前は「三好流水プール」でした。
https://www.youtube.com/watch?v=jYtMC4r_tV0

そして、冬になるとCMの歌詞が『みよしスケートリンク』 に変わるんだよね♪


今は、文化センターと、茶室になってます。
お茶室の庭園へ 親子組さんとおさんぽにでかけた時のブログはこちら。
http://sorashido.boo-log.com/e429725.html



★2018年1月~3月 親子組一日体験受付中。


  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2018年01月04日 07:07

キッズルームと、お部屋を無料で借りられるよ! ~みよし市おすすめスポット その33~

カテゴリ:地元情報カテゴリ:地元情報~みよし市~
市内に、飲食できる場所を増やそうプロジェクト!! ~勝手に命名~

保健センターの向かいにある施設は何だろう? と思っている方も多いと思いますが、
こちらは、昨年からスタートした 「みよし市民活動センター」です。

団体登録をすればキッズルームも、お部屋も無料で使えます。
貸しロッカーもあり、印刷も、輪転機が使えます。

※登録は、子育てサークルや、ヨガサークルなど、市民発信の団体活動なら登録できます。


開館当初は、飲食禁止があいまいで、
豪雨の中お弁当を食べるためにカッパを着て屋外へ移動。。という
サバイバルな活動日も経験しましたが、
http://sorashido.boo-log.com/e423635.html


その後、昨年秋より職員さんのご厚意により、
午前と午後と、キッズルーム&お部屋を利用の場合は、お昼を食べてもいいことになりました。


※誰でもわかるように、館内に貼ってくださいました。

キッズルームは、サンライブができるまで、市民講座などの際に託児室として使用していたお部屋なので、おもちゃも充実しています。
(その前は、三好町民病院でした。町民病院移転後からずっと、、人影まばらで、サビシイ施設になってしまっています。。)

利用規定は一か月に4回まで。
ですが、受付の方にお聞きしたところ、月に4回利用している方は、ほとんどいないとのことです。


是非是非団体登録して、使ってね!!

団体登録の方法は、簡単。
受付で用紙を一枚書く。


みよし市市民活動センター
http://www.city.aichi-miyoshi.lg.jp/kyodo/shiminkatudou-center.html




★2018年1月から3月 親子組一日体験会受付中。
お申し込みは tentoumushi344@gmail.com  にてお待ちしています。



  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2018年01月02日 07:06

室内遊びは、黒笹ふれあいセンター♪ ~みよし市おすすめスポット その32~

カテゴリ:地元情報カテゴリ:地元情報~みよし市~
みよしで遊ぶ場所って、なかなか入手しにくいので、せっせとブログにアップしております。

本日も、こどもの室内あそび場情報をアップ!


ここは「黒笹ふれあいセンター」。
駐車場有り。

通りに面していないので、目に留まりにくいけれど、
児童館と、支援センター機能を備えていて、居心地もいいですよ。

おそらく、みよし市内で、一番子どもが多い場所。
男の子大好き、ブリオの木の電車セットもあります。

開館は、午後1時~5時。

※園児や小学生が帰ってくると、ボールが飛び交ったり、
遊びがダイナミックになるので、小さな子は、早い時間がおススメです。


広い体育館もあってボール遊びもできるし、走り回れるから、中高学年の子どもたちも楽しそう!


お姉ちゃんたちが遊んでくれるのも嬉しい。


もちろん、乳幼児も自由に行けるよ!


。。。。。。。。。。。
みよし市内に限らず、どこの街でもあまり使われていない公共施設はたくさんあると思いますが、
特にもったいないと感じているのが、 

みよし市内の児童館。

母になってからの10年間で、ほぼ全児童館を回りましたが、本当に未就学児がいないんです。。

存在も知らない。。 

行政からの情報が回らないなら、母たちの口コミで、どんどん広げていっちゃおう!


。。。。。。。。。
他の児童館も、それぞれに特徴があります。

人気本サバイバルシリーズは、図書館より、ここのほうが蔵書が多い。「高嶺児童館」



過去にアップしたこちらは「明知上児童館」
http://sorashido.boo-log.com/e428702.html


確かに、冷暖房が入ってなかったり、駐車場がなかったり、
未就学児親子には使いにくい児童館もありますが、とってもおススメなところもあるので、
お気に入りの児童館を探してね。


http://sorashido.boo-log.com/e411799.html

↑ 児童館一覧は、「ママノワ」 でチェック♪





★2018年1月から3月 親子組一日体験会受付中。
お申し込みは tentoumushi344@gmail.com  にてお待ちしています。


  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年12月30日 07:06

アヒージョをいただけるお店発見! 「びんび屋」 ~みよし市 おススメスポット その31~

カテゴリ:地元情報カテゴリ:地元情報~みよし市~



現小学生母と、新一年生のお母さんたちとの、顔合わせの会。

先輩お母さんが、予約を入れてくれたお店は、少し前まで焼肉屋さんだったテナント。

看板が変わったのは知っていたけれど、まさかみよし市内で、アヒージョを食べられるお店があったとは!!!

こちらの「びんび屋」さん。

今までは夜だけ営業されていたそうですが、先月からランチを始めたようです。

食後に、ガトーショコラを進めてくださって、みんなでいただきました。

机の席しかありませんが、ベビーカーで来ていたお母さんも、過ごしやすそうでしたよ。

裏に広い駐車場があります。

三好丘周辺はお店が本当にないけれど、

ここなら、なんとか歩いて飲みに来れるねー。とお母さんたち。


食べログはこちら 
https://tabelog.com/aichi/A2305/A230501/23053097/


探してみてね!


★2018年1月から3月 親子組一日体験会受付中。
お申し込みは tentoumushi344@gmail.com  にてお待ちしています。


  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年12月22日 07:54

市役所内に 市民も飲食できる場所がある! ~みよし市のおススメスポット その30 ~

カテゴリ:地元情報カテゴリ:地元情報~みよし市~
子どもを連れて外出していると、ちょっと食べたり、着替えたりすることが頻繁になります。

いい季節の時は、公園などでピクニックできるけれど、
この時期は、お弁当やおやつを食べる場所に、とっても困りますね。

そんな時、、こちらのお部屋をおススメします!


市役所内にあって、椅子席と、座敷もあります。



市役所三階、エレベータ降りてすぐの 「食堂・福利厚生室」。

省エネ徹底。
誰もいない時は電気も消えてます。




12時~13時は、職員のお昼タイムで満席になりますが、
それ以外の時間は、ふらりと行って自由に使えます。(行政の方にも確認済み)


室内でゆっくりできるところってなかなかなくて、
しょうがなく、飲食も、授乳も、おむつ交換も、狭い車内で済ませている人も、とっても多いのが現実。


そういえば、今月のTENITEOも、室内で飲食できる場所特集でしたね~。
需要多し!ということです。

例えば、お店の一角などに、机といすを置いて「ちょっと休憩していってくださいね」ゾーンを作ってくださると、
母たちの居場所にもなるし、本当にありがたいのです。


子育て中の母だけじゃなく、お散歩しているおじいちゃんおばあちゃんたち、障がいを持っている方、どんな層の方にとっても、
休憩ゾーンは、嬉しいです。

こちらのお部屋で、手仕事サークルとか始めたら、
いろんな年齢層の人が集って、行政の職員さんもリフレッシュできて、活気づきそうだけど、、♪
  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年12月08日 07:37

児童館は小学生だけじゃない! ~みよし市おすすめスポット その 29 ~

カテゴリ:地元情報カテゴリ:地元情報~みよし市~
児童館、行ったことありますか?



旧三好地区には各行政区に一つの児童館があります。

ボール遊びなどができるホールと、読書や塗り絵などの静かに遊ぶスペースがあり、
おもちゃは、各行政区ごとに購入しているので、児童館によってさまざま。

開館時間は共通していて

基本は10時~12時、13時~17時。
日曜日と第一第三火曜日が休館日。

場所によって、12時~13時のお休みもなく、10時~17時通して開いているところもあります。
食事スペース、乳児スペースを設けているところもあり。


児童館は小学生しか行っちゃいけないと思っているお母さんがいたけれど、
そんなことは全然ない。
未就学児は保護者同伴なら、居住区に関わらず、いつでもどこの児童館でも遊びに行ってOK。


知らない人が多くて、どこの児童館も、ほとんど人がいないので、、
ぜひ、訪れてみてね!

『ママノワ』の記事はこちら。
http://sorashido.boo-log.com/e411799.html

↕みよし市内の全児童館マップは、今年春ごろに、ママたちで制作した
みよし全マップ『ママノワ』に掲載してあるよ♪


  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年12月07日 08:58

みよし市の隠れパン屋さん『ベーカリークグロフ』 12月 ~みよし市のおススメスポット その 28~

カテゴリ:地元情報カテゴリ:地元情報~みよし市~



森のてんとうむしてんとうむしブログの アクセス記事総合ランキング一位は、森のようちえん記事ではなく、、
『ベーカリークグロフ』さん♪

不動の一位です!

三好池から、前田緑道をウォーキングする途中に立ち寄れるパン屋さん。
ご自宅を改修してパン屋さんをオープンしたそうですよ!

12月の新商品は、
雪だるまのパンと、クグロフをツリーに見立てたパン♪
(写真ないからお店へ見にってね♪)

こんなサイトがありました!これで住所も地図もバッチリ。
http://pansta.jp/shop/15318/


。。。。。。。。。。。
なぜ森のようちえんブログなのに地元情報を掲載しているのか。

一つは、県外からの転入が多い地区なので、地元の魅力を広くお知らせしたい気持ちと、

もう一つは、他の検索から、このブログにたどり着くことで、森のようちえんのことを知っていただく機会が増えるから。

この街は、世界トップレベルの大企業があります。
しかも新興住宅地となると、隣近所のつながりがほとんどありません。

県外から越してきたママ友が、みよし市豊田市の情報交換できる場所になるように。
地元の伝統を、伝えていく繋がりの機会が少しでも増えるように。

という願いも、私たちの活動の原点にあります。


実際のところ、カフェを検索していて、てんとうむしブログを見つけてくれて、仲間になってくれた親子もいます♪

てんとうむしのように、園舎を持たずに、地域の中で活動していると、
人と人との出会いが多く、
ご縁がご縁をつないでくれて、どんどん広がっていくところが、
とっても魅力的で、とっても面白い。
  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年12月03日 07:40

ドリンクコーナー&蜂蜜売場 ~みよし市のおススメスポット その27~

カテゴリ:地元情報カテゴリ:地元情報~みよし市~


三好丘駅前、カリヨンハウスの一階ビジターセンター内に、ドリンクスペースができたよ!

この日は、ゆっくりここでママ会議でした。

子育て支援センターが満席の時は、ここでお弁当食べたり、お茶したりするのがおススメ♪


二階のお店をのぞいたら、梅狩りなどでお世話になってる村上農園さんの ハチミツ発見!  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)