お問合せはtentoumushi344@gmail.comまで

2015年07月14日 13:56

森のようちえんってどんなとこ?

カテゴリ:つれづれ


たまたま入ったカフェに、
愛知県内の森のようちえんのチラシが置いてあった。

森仲間の頑張りに、嬉しくなってチラシを見ていると、
隣の親子連れが、話す声が聞こえてきた。

その1
「森のようちえん、楽しそうだし行ってみたいよねー。でも、トイレってどうするの?」
『森に穴を掘って埋めるらしいよ』
「そうなの? 男の子はいいけど、女の子はいやがりそう。。」

いえいえ、トイレがあれば、トイレへ行きますって!
ない時は、しょうがないこともあるけど、トイレがないときの対処法も生きるために必要な知恵の一つ。

日本のトイレは世界ナンバーワンの綺麗さ。
中国では仕切りがないトイレに出会ったし、スイスでは便座がなかった。
ブルガリアはトイレの上にシャワーがあって、だれかがシャワーを浴びてる時はトイレ我慢。

トイレでしか、排泄できなかったら、将来海外で困ることがきっと出てくると思うなぁ。

。。。
その2
「みんなが木登りして、猿みたいになるんだってね」
『へー小学校入ったら困るね。何に登るんだろう』

いえいえ、小学校に入ったら、ちゃんと小学生してますよー。
窓や柱には登ってません〈笑〉

子供は順応性が高いです。

保育園でも、幼稚園でも、どこにも行かず自宅で6歳まで過ごしていても、
小学校に入ったら、普通に小学生です。

小学校に馴染める子はすぐ馴染めるし、なかなか馴染めない子は馴染めない。
それは、個性の違い。

どこがいい、どこが悪いじゃないです。

私たちは、子供たちの今を大事にする保育をしたくて 森のようちえんを選びました。
まわりには、早期教育する園もあるし、楽器や、イベントが好きな園もあります。

お母さんが毎日連れていくんだから、お母さんの納得のいく園がいいです。
子供がぐずった時、ここに入園させてよかったのかなぁ、、と疑問に思ってしまう環境では、お母さんが辛いです。

森のようちえんはまだまだ知られていないので、お母さんたちが、いったいどんな想像しているのか
興味が沸きました。

質問募集してみよう~♪

  • LINEで送る


森のようちえん てんとうむし


園や親子組の体験について
tentoumushi344@gmail.com
までお気軽にお問い合わせくださいひよこ
同じカテゴリー(つれづれ)の記事画像
オーギョーチー
困ったときの『有吉住宅』さん、いつもありがとうございます!
鋭い!面白い!小学生が描いた『文房具図鑑』
オススメ本   「どろんこ保育」
臨月のおなか   下から見たら、、、
心に刻まれた時間
同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 オーギョーチー (2018-07-13 00:02)
 困ったときの『有吉住宅』さん、いつもありがとうございます! (2018-06-30 00:01)
 鋭い!面白い!小学生が描いた『文房具図鑑』 (2018-06-29 00:02)
 オススメ本 「どろんこ保育」 (2018-06-27 00:02)
 臨月のおなか 下から見たら、、、 (2018-06-24 00:02)
 心に刻まれた時間 (2018-06-22 00:03)

Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。