お問合せはtentoumushi344@gmail.comまで

2017年12月29日 07:06

餅つきに想う

カテゴリ:つれづれ
地域の餅つき



こういう場面でいつも実感するのは、

どれだけ機械化が進んで、最終的には、

『人の肌感覚と、経験値がものをいう』

ということ。



杵の使い方。

熱いお餅を、どう手返しするか。

二人のタイミング。

どこまでついたら完成なのか。


すべて、経験から身につけている。



若さは関係ない。

力づくでは、うまくいかない。

見よう見まねでも、なかなかうまくいかない。



そういうことって、

あたりまえのことだけれど、忘れがち。



忘れちゃうから、地域の方たちと一緒に活動することで、

その都度、仲間たちと共に確認している。



毎年やっているからと、自信満々な年長さん。

根拠のない自信、ここにあり。という顔をしている。

それはそれで頼もしい。




餅つきの経験が豊富な方々の、所作の美しさに、

今年も、惚れ惚れしている。


  • LINEで送る


森のようちえん てんとうむし


園や親子組の体験について
tentoumushi344@gmail.com
までお気軽にお問い合わせくださいひよこ
同じカテゴリー(つれづれ)の記事画像
ナチュラル&ギャラリーカフェ「蔵」   看板カメ   いわおくん
こどもが けんかをしたとき どう考える? 
消えていくから  美しいもの
こどものお誘い おとなの都合
母の心配を追い抜かしていく 
つばめ 様 
同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 ナチュラル&ギャラリーカフェ「蔵」  看板カメ いわおくん (2018-06-13 00:03)
 こどもが けんかをしたとき どう考える?  (2018-06-11 00:02)
 消えていくから 美しいもの (2018-06-10 00:02)
 こどものお誘い おとなの都合 (2018-06-08 00:02)
 母の心配を追い抜かしていく  (2018-06-06 00:02)
 つばめ 様  (2018-06-04 17:56)

Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。