お問合せは[email protected]まで

2020年03月31日 22:39

休校から一か月 桜が咲きました。

カテゴリ:つれづれ
休校の要請に衝撃を受けてから、一か月。

今まで経験したことがない前代未聞の事態への対応に翻弄された数週間を経て、
やっと落ち着いてきました。



休校期間も、大人は仕事があるけれど、
子どもたちは宿題もなく、
多くの習い事もお休みに。

そうなると、こどもたちは、
自然と公園に集まりました。

今まで見たことのない人、人、人。

名前も知らない子たちが一緒になって遊んでいて、
まさに 『子どもの時間を満喫している様子を見ることができた一か月』
だった気がします。

それでも、母たちは大変なときも、当然ある。

特に兄弟がいると、母一人で、兄弟それぞれの要望を聞いて、
調整して、対応するのは、なかなか困難。。。

私たちは、ずっと自主保育をしてきていて、

何人かの母親で、子どもたちを見るほうが、
とってもラクなのを知っているから、

あの手この手で知恵をしぼって
この事態を乗り切りたい。



気が付けば桜も咲いて、
もう、来週には入学式だね。

一人一人の
判断が問われる時。










  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2020年03月28日 07:00

「提案があって、知恵を出し合う雰囲気」 〜親子組世話人さんの ステキなつぶやき〜

カテゴリ:つれづれカテゴリ:てんとうむし親子組
世話人さんのlineグループでは、活動内の出来事を共有したり、フォローが必要なことを確認したり、日々の不安を吐き出したり、いろんなトークが飛び交っています。

この時は、ベビーカーについての話題から始まって、親子組の母同士のあったかい絆が、とっても居心地いいよねっていう話へ、展開されていったよ。

以下 本人の了解を得て転載。

、、、
ベビーカーの親子と駐車場で遭遇して
雨がぱらついたり
道に迷ったり

子どもが立ち止まったり
元気なくなったり。

「一人で居たら帰ってるわー」
「ほんとほんと、わたしならキレてる」
って話しながら

楽しく笑ってお散歩できて
結果オーライだったんだー。

私はずーっと
行く宛もなく歩くってことを楽しめないタチで、

散歩してる時も
「早く行こうよ」とか「もーどこいくのよー(苛)」とかばっかり。

でもその日は、
子ども達とおんなじ気持ちでウロウロふらふら・・・。
そういうことを楽しめる様になったんだなーと自画自賛したりしてたよ。


みんなの活動場所について
ベビーカー率の多さにびっくりしつつ

初めてのメンバーさんと継続メンバーが
分け隔てなく助け合ったり
子どもを見合ったりしている様子が感じられたよ。

母たちが自分の頭で考えられるように
至れり尽せりなサポートはしないよっていう

てんとうむしポリシーにも通じるなと
思ったんだけど、

母一人ひとりが「どうしたら良いんですか?」って
聞いてた頃から、

まず「こうしようこれがしたい」
っていう提案があって

そのためにどうするのかって
知恵を出し合う雰囲気に変わったよね。

子どもたちが泣いてたり困っているときも
暗黙の了解で世話人さんが行くっていう感じじゃなく、

その場にいる誰もが
気にしたり気にしなかったりを自由にしている。

みんな、固定の相手だけでなく
誰とでも話している。

自然と子どもたちも大いに遊んでる。
素敵な雰囲気だなーと思ったよ。

おとなになると色々複雑で、みんなわからないとか困ったとか不安とかをはっきり口にできなくなる。

それぞれ違う気持ちの出し方で、
じわじわ伝えてくれるのを、

世話人さんのそれぞれが
地道に一個ずつキャッチしたから、

今の雰囲気があるんだなって。
ほんと率直にそう思いました。


以上 YちゃんLINE転載終わり

。。。。。。。。



自分のことだけでも毎日が一生懸命な
子育て真っ最中の母たち同士が

広く周りの様子を見て
困りごとに気が付いて、

声をかけあったりフォローしたりするって、
なかなかできる事じゃないよね。

まだ外遊びに慣れないお母さん一人一人の
不安や葛藤を、

自分事として考えてくれている世話人さんたち。

時には、自分の悩みも吐き出しながら、
うんうんそうだね、わかるよ。と聞きあって、

世話人さんみんなで、〔みんなのこどもたち〕を見守りながら、
同時に、〔お母さんたちのお母さん〕をしてくれている雰囲気がとても、いい距離感。


来年度の親子組も、きっと素敵な活動がになれると確信してます。


親子組世話人さん、いつもありがとうね!







  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2020年03月23日 00:03

アート活動!  ~ 豊田市 アトリエVIP ~

森のようちえん みんなで 〔アトリエVIP〕 にて芸術活動!


新しいお友達ファミリーも一緒に段ボールハウスを作ったり

額のない 広い広いキャンパスで 描いて発散!


 
Mちゃん、素敵な居場所をありがとうございます!


  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2020年03月22日 07:32

おもちつき したよ



もうずいぶん日にちが経ってしまいましたが、
先月、2019年度親子組さんたちと巣立ちの会の翌週にお餅つきをしたよ!



マスクして屋外で、大人も子供たちもぺったんぺったんおもちつき
つきたてのお餅は、あったか~い!

この日、初めてお餅を食べた子たちは、
美味しさに〔?〕食感に〔?〕目を真ん丸にしていたね!

みんな笑顔になれました。




準備から片付けまでとても手際よく進めてくださったKさんご夫妻、
いつもありがとうございます!

掛け声をかけて盛り上げてくれた もちおくん、
慣れない手つきで杵をもって頑張ってくれた、お父さんたち、


みんなありがとうございます。









  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2020年03月21日 09:46

2020年度 てんとうむし親子組募集を締め切ります

カテゴリ:てんとうむし親子組カテゴリ:募集


2020年3月5日と12 日 に
てんとうむし親子組の体験会を開催しました。

とっても沢山の方にご参加頂き、
ありがとうございました。

参加の申し込みが定員に達しましたので、
2020年度てんとうむし親子組の募集は
締め切りいたします。


いつも体験会では「てんとうむし誕生物語」の紙芝居を読んで、活動への想いや目的を共有します。

最初から ベテラン母さん な人なんて
1人もいないから、支え合っていこうね。
って。


、、、、、

親子組は、地域のいろんな場所に、
もっとたくさん必要だと常に感じています。

自分の家の近所で始めたいなあという方、
いないかなあ?

てんとうむしは、
親子組立ち上げの応援もしています。

新親子組メンバーのみんな、
これからよろしくね!







  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2020年03月18日 07:03

巣立ちの会2019 アルバム ペープサート オリジナルソングCD

巣立ちの会2020.3.14


てんとうむしOB AちゃんKちゃん親子が、ペープサートを作って披露してくれて、みんな夢中で見ていたね。


新年長さんが、わっしょいわっしょいと、
お届けしてくれて
おばあちゃんから贈ってもらうランドセル。
 


一年間の思い出がギュッと詰まっている写真集
スタッフAちゃんが撮影してくれる写真は
日常の一コマが、とっても素敵に切り取られてる!


卒園を迎えた我が子へ 母から贈る
オリジナルソングCDは
お仕事続きで徹夜明けのSさんの録音。

全盲の歌姫 若渚ちゃんが
透き通る歌声で、歌ってくれました。




てんとうむしロゴを 消しゴムはんこにしてくれた
スタッフOB Kちゃん!

その他、世界に一枚だけの 小原和紙をすいた卒園証書など、ここに載せられないたくさんの宝物がたくさん揃いました。


てんとうむしは、
いつも本当にたくさんの方々に支えてもらっています。

一生の思い出を、ありがとう!








  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2020年03月16日 11:07

卒園おめでとう!  ~巣立ちの会に寄せて~

カテゴリ:つれづれカテゴリ:入園式、巣立ちの会
2019年度
森のようちえん てんとうむし 巣立ちの会』


2020年3月14日 土曜日の朝、予想より強い雨。

『その場に合わせて、発想を転換する』ことを、
日常的にこなしている母たちで
迅速なやり取りが交わされました。

自然には抗えない。
変わらないものは、そのままを受け入れて、
変われる者が変わる。 てんとうむし母たちの身軽なフットワークで

午前に予定されていた巣立ちの会と、
午後に予定されていたスライドショーを
チェンジ!

一気に大転換したにもかかわらず、
来賓予定の方々も、ほぼ全員が
駆けつけてくださって、
温かく、和やかに、
無事に開催することができました。

午前中は、母の作ってくれたスライドショーに感極まって涙。
午後は巣立ちの会にて感謝の涙。
夜は打ち上げ的に、Kちゃんの家へ集まって
しみじみ、語り合いながら また嬉しい涙。
涙涙の1日でした。


いつもそっと手を差し伸べ、
支えてくれる卒園児母や、
てんとうむしスタッフさんたちのおかげで、
無事終えることができて、本当に感謝しています。
ありがとうございました!

。。。。。
巣立ちの会では、
森で育った 卒園児さんが
5人そろって座っている姿を見ただけで
胸がいっぱい。

SくんRちゃんはお腹にいるときからここに通い、
Kくん、SEくん、YUくんは2歳児親子組さんからの継続入園。

あんなに小さかった5人が、
自然に身をゆだね
心も体もたくましくなりました。

[こどもはいつも『今』を全力で生きていく]
[こどもは常に『前』だけを見て生きている]

その一方で、母たちは初めての『お母さん』という未知の経験と、子育ての重圧に押しつぶされそうになりながら、毎日を揺らぎながら必死に生きていく

一つ、上手くいかないことがあると、
あの時の自分の対応がよくなかったのかもしれないと原因を探して自分を攻め、
過去に囚われてしまう。

浮いては沈み、安心しては凹み、
日々、揺さぶられっぱなし

そんなお母さんの 
ありのままを認めて、寄り添って
いつも包んで支えてくれる仲間が
たくさんいてくれたから、

みんな笑顔で、今日を迎えられました。

支えてくれた地域の皆さん
本当にありがとうございました。

今日てんとうむしを巣立っていくみんな
おめでとう。

巣立っていくお母さんたち、おめでとう。

これからもてんとうむしの家族の一員として、
頼りにしています。






  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2020年03月14日 08:05

巣立ちの会 スタートの時間を変更します



本日 予定されている 森のようちえんてんとうむし 巣立ちの会 は

天候の回復を待ちたいので、『14時』スタートに変更します。

場所はいつもと同じ場所にて行います。


  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2020年03月14日 00:01

卒園プレゼント 4コマ下敷き 届きましたー!



日々の当番ノートや
活動報告を読んで、
4コマ漫画に仕上げてくれる テルくん!

てんとうむし誕生物語の紙芝居のシナリオを作って、描いてくれたのも、

てんとうむしのロゴを描いてくれてるのも、
テルくん。

お父さんになってからは、
日々の子育て模様を、
4コマ漫画にしてアップしてくれるから
楽しく読んでるよ!

今年も楽しい4コマを
描いてくれてありがとうー!

てんとうむしは、開園からずっと、
たくさんたくさんの仲間に支えてもらって、
ここまで活動を続けています。

そのすべてに感謝して、
今日1日を過ごします。

卒園するみんなと、お母さんたちへの
祝福の気持ちを

私の大好きなこの曲と共に
届けます。


「こころのねっこ」
https://youtu.be/iPCnmmHBqI0  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2020年03月13日 11:06

2019年度卒園プレゼント曲CD録音の収録が終わりました!

2019年度の卒園プレゼント曲CD録音の収録が終わりました。

歌ってくれたのは 成人式を終えたばかりの 全盲の歌姫 若渚ちゃん 
短期間に母たちの作詞した曲、10曲の歌詞を完璧に覚えてくれて、感動しました!
歌のプレゼントを、本当にありがとう~!!



プロデューサーSさん、今年も本当にお忙しい中お時間を割いてくださって、
ありがとうございました!
心から感謝しています。


実は、このところの学校休校や、イベント自粛要請に伴う、予定変更や延期の調整が山盛りで。
その一つ一つに、連日対応していたら、エネルギー切れ、、、、、になりつつあったんだけれど、

19歳の若渚ちゃんの元気な歌声に、いっぱいのエネルギー!!と勇気をもらって、
10曲一気に収録しました。

卒園児のお母さんたちも立ち合ってくれたり、わかなちゃんに会いに来てくれて、
CD仕上がりが楽しみです。

。。。。

てんとうむしオリジナルソングが30曲近くあるので、
その中からアップOKな曲を、随時YOUTUBEにアップしようと思っているんだけれど、、
まだ数曲で止まってます。

誰か手伝ってくれないかなあ。。

こちらは一昨年のプレゼントソング↓

森のようちえん てんとうむし プレゼントソング2018

https://www.youtube.com/watch?v=-4qZ_elmdK8

『いったりきたり』
作詞作曲 しらゆみ
歌 あやか

遠くから
両手を広げて
かけ寄ってくる

かわいい笑顔をくれて
ありがとう ありがとう

けんかして泣いた日
ながぐつをなくした日
どろんこで笑った日
みんなと一緒に走った日

あせらなくていいからね
くらべなくていいからね

そこに笑顔があればいい

春の匂いに
心がざわざわして

喜びと寂しさが
いったりきたり  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)